やさしい暮し舎

yasakura.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

11歳の少年が遺伝子組み換えを語る  2013/12/20 michiko


"

まだ無邪気に夢を見ていられるはずの11歳の少年が、こんなことを訴えなくてはいけない事態にきているのでしょうか。大人が、素晴らしい!と賞賛し期待を寄せるだけでは許されません。
もう間にあわないところまできているのですから。

遺伝子組み換えのタネが風に乗り、国境を越え、自然界ではありえないことですが種(シュ)をこえてまで交配し、汚染していくのを完全にストップする方法は今のところはないようです。
私達への影響は避けられないにしても、せめてさらなる愚行をとめなくては少年の志も間にあわなくなるのではと思います。
経済に結びつかなければ、買わなければ、誰も作りません。見たくない事を避けないで、知る努力をして、当たり前の良心のないものは選ばない買わない許さない。意志のある消費者が変えていくのではないでしょうか?
そのためには知る権利を守らなければ困難なのですが。

[PR]
by yasashii-kurashi | 2013-12-20 11:09 | ちょっと言わせて