やさしい暮し舎

yasakura.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

めずらしい光景です  2月24日  michiko

あたたかになりました。庭がにぎやかになってきました。
山までいかなくても、街の自然もいろいろ見せてくれます。
b0190779_19583915.jpg

北側で家の陰になっている椿も、手のひらくらいの大輪を咲かせてくれました。
b0190779_2005260.jpg

庭仕事も忙しくなってきますが、日々、発見があるので苦になりません。
梅の花も、マンサクの花も満開です。


b0190779_19584334.jpg

クリスマスローズの新芽は、つぼみをかかえてフキノトウのようです。
b0190779_217894.jpg


今日は、こんなめずらしい光景も。なぜか生き物達のめずらしい場面に、よく立ち合います。
カタツムリの交尾です。カタツムリは雌雄同体で、どちらも卵を産みます。
嫌いな人には、少しグロテスクに感じるかしらと思って、せめてもとクローバーのハートでラブリーな場面を演出してみました。だめ?emoticon-0104-surprised.gif
でもカタツムリの赤ちゃんは,小さいながらカタツムリの形をして、かわいいのよ。
カタツムリも減ってきていますからね、愉しみだなー。
[PR]
by yasashii-kurashi | 2011-02-24 21:03 | タンテボレ.アトリエ便り

道具は地面に置かないこと     yoriko

2月20日の第三日曜日。恒例の相生山緑地創作隊の活動日でした。
9時 前回から取り入れたラジオ体操から始めます。 
作業前に軽い運動で体を温めほぐしておくことで動きもスムーズになり、体を痛めにくくします。何年も前にやったきりでも案外体が覚えているもので多少怪しくてもなんとなくできてしまいます。ラジオ体操ってよく考えられていると思います。
b0190779_8572261.jpg

今回は初めての参加の方、しかも若い方が多く、家族で参加の方もありにぎやかでした。
気温も温かく春の気配も感じられる中楽しく竹林整備が進みました。
b0190779_8564262.jpg

竹を切り倒すのは男性陣、枝を払うのは女性と自然に役割分担ができていますが、中にはどうしても竹切りがしたいという勇ましい女性も。作業が進むと暗かった竹林にサァーッと日が差し込みます。
b0190779_8563641.jpg

10時半には休憩。 今日はあんぱんとお茶でホッと一息。緑政土木の森山さんから竹林整備の意義、
名古屋市の緑の保全の考え方のお話がありました。
参加者の中ではご年配の方からの発言。「道具は地面に置かないように気をつけて下さい。地面に置くと、つまずいたり蹴飛ばしたりして刃物ですから大変危険です。簡単に足が切れます。道具の扱いにはもっと気をつけましょう。」
これすごく大事なことですね。つい自分も置いたりしていました!!言われないと気がつかないことは結構あります。
毎回皆で確認し合いたいと思いました。教えていただいてありがとうございます。

相生山緑地の緑の保全活動を行う相生山緑地創作隊は誰でも参加いただけます。

毎月第三日曜日9時から12時まで。参加希望者は相生山徳林寺グランドに8時50分までに集合。雨天中止。8月は活動はありません。
のこぎり(あれば)、軍手持参 連絡先 090-1780-7030 伊藤 
 E-mail sousakutai@hotmail.co.jp 
b0190779_8564357.jpg

[PR]
by yasashii-kurashi | 2011-02-24 09:44 | 相生山緑地創作隊

指圧とピーピー鶏

ハルのねえたんがNY旅行で買ってきてくれた鶏の人形。笛がついていて噛むとピーピー鳴くの。
b0190779_15504172.jpg


あーっ うるさい!取り上げないとTVも聞こえない 大得意だねえ(ハル母)
b0190779_15452662.jpg

なんとか上手に取り上げられないかな? いいねえ見せてハル(ハル母)
b0190779_15543232.jpg


みんなが見てる♥ みんなが欲しがってる でもあげない ハルのだもん
b0190779_15464297.jpg


そうそう犬にも人と同じ様に経絡というのがあって ツボをさすってやると体調がよくなるんだって
「つぼコロRe」というサイトにわかりやすく解説してあったのちょっとやってみよ(ハル母)
b0190779_15451782.jpg


かあたん すごく気持ちいいよ〜 もちょっと下 あっもう少し右(ハル) 
ハルがお気に入りのつぼは気海愈と小腸愈、肺愈。 気海愈は消化不良 小腸愈は腰病,腸炎、肺愈は感冒 風邪気味で消化不良ってことか? 最近目やにがでるので結膜炎のつぼも押しとこ。(ハル母)
b0190779_15445115.jpg

 このサイトはモデルが親しみのもてる雑種君。
手作り感漂う 素朴な作りで、好感が持てます。愛犬用つぼのDVDのとても効きそうでそそられるのも他のサイトにありましたが、高価なようです。つぼコロReは無料で情報提供してくれてます。ありがたや

で 結局は取り上げられなかったピーピー鶏でした。

b0190779_15444146.jpg

[PR]
by yasashii-kurashi | 2011-02-23 16:26 | ハル便り

達人に学ぶ田舎暮らしの基礎4  2月22日  michiko

火の話

家の中では囲炉裏のある部屋が完成です。
炉端の木枠がばっちり決っています。隣室の掘りごたつも完成です
もうnakahara 達人は自在鍵まで計画している様子。
b0190779_1849175.jpg




b0190779_22583483.jpg早速火が入ります。
うちわの隣に置いてある炭入れはume作の一閑張り。

火を絶やさずに置けば、次に火をおこす時の種火に
なります。
灰をかぶせておくと、完全に消えずに
しばらく保つことができるそうです。

マッチがあっても薪にまで火をつけるのには、
慣れていないとむずかしい。

ume 言わく、
emoticon-0144-nod.gif火をつける時は,新聞紙(他の紙も)をできるだけ使わないこと。

その理由として新聞紙は他に、
いろいろな使い道があって貴重ということもあるのだけど、
灰の質が悪くなることも大きいそうです。

そう、木だけを燃した木灰は大事な使い道があるのです。
山菜のあく抜き、染めの定着材、こんにゃくづくりの凝固材そばなど麺うちの時のかん水として、
肥料など。

ここでは,今後、先日作った紙薪をつかうこともあるだろうし、不特定多数の人間が使う家なので、ストーブの灰はあきらめて囲炉裏の灰を使っていこうと思っているそうです。

屋外においては,紙を燃やすと風で火のついた紙が舞い上がり、火事の原因になるということもあるとのこと。森が燃えると大変です。

今はキャンプなどでは着火剤を買って使うのが一般的ですが、事故も後を絶ちません。
紙を使うにしても最低限でつけられる技があった方がいいですね。紙だって、いつもあるとは
かぎりませんし。
b0190779_18453393.jpg

着火材としては白樺の皮、松の葉など地域で身近な資源を使ってたそうです。

ここでは枯れた杉の葉を使います。
油分を多く含んでいて、少しくらい湿気っていても火のつきがいいのです。
本当にパチパチ小気味よい音とともに、あっというまに勢いよく燃えます。






この日は雪続きで、杉の葉がきれてしまい、慌てて近くの杉林に柴刈りに行ってきました。
「おじいさんは山に柴刈りにいきました」のシバは着火材のことでもあるんですね。



  まだ残った雪の上には、ウサギの足跡が。
b0190779_23493364.jpg


b0190779_23494090.jpg

もちろん枯れて、なるべく乾燥した物を集めます。
なんだか,宝の山に見えてきます。
袋をいっぱいにすると、安心します。気持ちまで満たされるような気がします。

b0190779_18453959.jpg

努力家のマッチャンが、紙を使わないで火付けをしてみました。
なかなか小枝から薪につくところまでいかないのに、あきらめません。
やっと火がついて、感慨深げに火を見つめています。
実は天候のせいで、薪も湿気っていたようです。
こんな調子で一つづつ、なんでも確実に自分の物にしていくマッチャンは立派です。
 

umeちゃんは、ほんのひとつまみの杉ッ葉でつけてしまいます。山っこですね。
[PR]
by yasashii-kurashi | 2011-02-18 19:33 | 田舎暮らし

催眠術よりも

今日はちょっとだけ春の気配。日差しがあたたかいのでつい、うとうと。でもお互いに軍手の先に落ちている木切れを意識しているわけ
b0190779_130864.jpg

サトが取ろうとしたけどそうはさせないもん ハルのだいっ!  
b0190779_1392377.jpg


サトがオーバーに騒ぐから かあたんが出てきちゃったよ 何さサトったら甘えて言いつけっこ
これ くわえやすいの 見る? 
b0190779_1303670.jpg


ハルちょっとおいで 少し遊んだらサトにも貸してね(ハル母)
やーよ ハルが先にとったんだもん(ハル)
b0190779_1812674.jpg


サトきっと貸してもらえるからね待とうね(ハル母)
b0190779_1033194.jpg



そうそうハルはマッサージされると催眠術にかかっちゃうの。そしたらすぐに離すから(ハル母)
b0190779_20491293.jpg


ねむくなる〜ねむくなる〜 あれ? しっかりくわえてるね。 だめかぁ(ハル母)
肉球マッサージ気持ちいーい♪(ハル)  
b0190779_20421552.jpg


しょうがないねえ。サトだけだっこしてあげようね。可愛い、かわいい、サトちゃん♥(ハル母)
それはダメ〜ハルもかわいがって〜これ少しなら貸してあげるからぁ(ハル)
悪いけどぉ もういらない(サト)
b0190779_10333276.jpg

[PR]
by yasashii-kurashi | 2011-02-16 20:56 | ハル便り

達人に学ぶ田舎暮らしの基礎3  2月18日  michiko

燃料づくり

研修の古民家にはガスはきていません。
ここでは火はとても貴重で、ありがたいものだと、思えてきます。

私達の日常では簡単に火を使うことができ、レンジがあれば,子供でもボタン一つで熱源を得られます。でも何かあって、電気も、ガスも使えなくなった時,ほんとにお手上げです。

身近にあるもので,燃料になるものを作ります。

b0190779_2349361.jpg
新聞紙で,薪を作りました。薪の節約にもなり、
街でも災害の時のために作っておくのも良さそうです。


今回は、専用の道具を使いました。
手前が紙薪つくり器「紙与作」

新聞紙20枚で一つの薪ができます。
1時間半も火がもつそうです。

水につけた新聞をほぐして「紙与作」に詰めます。
圧縮して,型から抜いて一週間から10日ほど干します。





これは先月末に作って干した物ですが、ここのところの天候の
せいか、なかなか芯まで乾きません。


b0190779_23485959.jpg

意外に固い新聞紙は、たくさん作る時には、ほぐす手間がなかなかなのです。

紙粘土を作るときのように一晩浸した方が仕事が楽なようです。

浸し足りなくて、粗いほぐし方のものは充分にくっつかなくて
乾いたら割れてしまいました。

この寒い季節に,屋外で冷たい水を使っての作業はなかなかつらいものでしたので、
つい仕事を急いだことが,後にたたりました。

よし次は完璧だー。

薪が必要な季節までに、作りためておくと苦になりませんね。

押し入れの中に入れておくと湿気取りにもなるそうです。
薪は湿気を含んでしまう訳ですが、また干せばいいですもんね。
[PR]
by yasashii-kurashi | 2011-02-14 00:11 | 田舎暮らし

寒行   2月10日            michiko

いざ,寒行に...と気をもたせたまま日常に流されておりました。もうずいぶん前のことですが.. 
(行ったのは1月24日でした)
それにしてもまだまだ冷えます。
いまさらながら夏生まれの寒がりな私が、なぜ寒行ができたのかと....。

なぜ寒行。

道場の説明にはこうあります。

「水行は寒さにひるむ弱い心に打ち勝ち、水を被って祈り瞑想することで、短期間で心身共に深く浄化されます。肉体を離れた、より高い次元の意識を覚醒させる効果も期待できます。

寒行は1月の一番寒い時期に行い、水行本来の厳しさがあります。
連日の氷点下で、桶に張った氷を割って被る水の冷たさは、言葉では表現しにくい世界ですが、
その分水行の効果も高く、内なる生命力も活性化し、身も心も生まれ変わったようにリフレッシュされます。」
    
    
b0190779_1441444.jpg
      根府川ヨーガ道場。宿舎の前に見える青いものが水行のための
       水が入った大きなポリバケツ。


多分何かが変わる時なのでしょう。この年になって,いろんな意味で迷路にはまり、ドンと背中を押すものが欲しかったのかもしれません。
でも本来の私なら、思いつきもしません。つらいことは避けたい性分です。
薦められた時ふっと、そんな気に。

メールで申し込んだ時、道場からすぐ電話をいただきました。「一般の人に開いていないんですよ。会員でない、年齢制限を超えている、水行さえやったことがない、心臓麻痺ということもあるし、寒行はとってもきついものですよ。」と明らかに,止めようとされている様子。

それでも「まあ、場にエネルギーがあるから来るだけでもよいかもしれませんね.」ということで。

そう、ネットで調べた時「24日~29日寒行のためお休みです」とあったのに、疑問も感じず申し込む私って...

出発まで,自宅の風呂で水をかぶる練習。実は水をかぶるのは苦手です。

駅に迎えにきてくださった道場長の繁本先生は、自然体で静かな物言いの方、ほっとしました。
b0190779_14414826.jpg

すでに真っ暗な山道を上がり、まずここで手を清めます。
宿舎の2階が御神前なので入る時は礼をします。
ここは,行場であり神社でもあるようです。ヨーガ断食道場としても人気があるようです。

前日からいらしていた方が,同室。ヨガの先生で、ここで必要なことは彼女が教えてくれました。
経絡体操も瞑想も指導してくれました。ここの寒行は、自分で行をできる方が自由参加されているよう。
5年ほど前から寒行には来ていなかったという彼女が今回、参加されたということは私にとって
幸運でした
b0190779_14411322.jpg

部屋にはショウガとおろし金とゴマ入り黒糖。とにかくここにいた間は一日中生姜湯を
のんでいました。このせいか、トイレは普段の倍以上行ってました。

b0190779_1441171.jpg
       女性は裏山を背にして。手前のバケツが私用。
       下に光るのは張っていた氷、昼間も溶けません。

翌朝、日の出は6時50分頃、6時20分頃から始めます。
5時半から2階にある御神前で、のりとをあげてお祓いをしていただきます。

部屋で白い着物の肌着と腰巻きに着替えて待ちます。暖かい部屋の中から薄暗く、いかにも寒そうな外の様子をのぞき観るだけで、怖じてしまう。
先生が裸にふんどし姿で庭に出るのが見えると、それっと、部屋から飛び出します。
初日から私のバケツは氷が張っています。ざぶざぶと両手足から順に上へ。
しばらく祈って、またざぶざぶ。夢中でした。

同室の方と一緒に、もどります。
ふっと,振り返ると奥様の明美先生がいっしんに祈る姿が、とても美しいのにドキっとしました。   
いい加減な気持ちでは、いけないと気が引き締まります。
つらくはないのですが,自宅でかぶった時のように後でぽかぽかしてくるということはありません。

b0190779_1531589.jpg

食事は明美先生が作ってくださいます。彼女はいつも半袖。
すべて精進です。派手さはないけど全部おいしいのです。野菜は地元で穫れたもの。
レンコンはニンニクで炒めてあります。


二日目の水行が終わったところでお世話になった同室の方は帰られ、ぽつんと一人。帰る間際に
「無理をしてはだめ。あとからダメージがくることもあるから」とクギをさされました。
無理をしている意識はないのだけど。

電話もメールも通じません。久しぶりの読書。食事が愉しみ。

b0190779_15521341.jpg

普段は玄米を食べていると、話したら玄米にしてくださいました。豆腐はくずあんかけです。


一日目より3日目の方が,思い切りがいります。
やはり水行は一瞬ですが疲れているようです。

この日は一段と氷が厚い。
水をかぶるだけではなく、祈りと瞑想も重要とのこと。般若心経でも唱えるといいのだろうけど
知らないし、とにかく感謝。私なりに、するしかありません。

鳥の声がとても間近です。水をかぶることより瞑想を中心に。
瀧さんのワークでの瞑想を思い出し、地球の中心とつながって地球ごと水をかぶるイメージを。

よっし、地球ごときれいになって!

b0190779_14411979.jpg

          道場からは海も見えます。

この日は頭痛がきました。体に力がはいっているんですね。
宿舎の脇に大きな枇杷の木。
本当はだめだけど、無理をいって枇杷葉温圧をさせてもらいました。明日に備えなければ。

頭痛もひいて、明日はもっと思い切っていけそう。

ところが翌朝、お祈りが終わってから、「ちょっとお話が...」
emoticon-0120-doh.gif「今年は特に厳しい。連日零下ですから。会員ではない、年齢制限を超えている、体調が万全でない
3つの条件すべてクリアーしていませんから、もうこのあたりで,終わりにしませんか。」

これって寒行をクビになったのね。
でも、これ以上は危なかったのかもしれません。
ご心配かけて申し訳なかったな。3日間でもよく受け入れて下さいました、

そして新城へ,作業の続きをやるため戻っていったのでした。
[PR]
by yasashii-kurashi | 2011-02-10 14:54 | 行ってきました

憧れの二匹

朝の散歩。 前からやってくるのはポチ君とブー君!!
なぜか嬉しいと匍匐前進になってしまうの。このままズリズリと地面を這う様に近づいて
b0190779_23532254.jpg


ちょっとあれハルちゃんじゃない へ〜んなアプローチ!?何?
b0190779_23532844.jpg

「ポチ君おはよ!」「いや僕ブーだけど」「ん〜ッ どっちも大好き♥どっちでもいいの♥」
b0190779_2353462.jpg

どっちでもって……(ブー君)
b0190779_23545078.jpg

ハルあんまり調子に乗らないの!!ほら 腰ぬけてるわよ!はしたない(ハル母)
b0190779_23533564.jpg


僕ら確かに似てるから…… いっしょくたでもこんなにもてちゃうと まあ 悪い気はしないけどね。韓流スターもこんな気分?
b0190779_23533981.jpg


 
[PR]
by yasashii-kurashi | 2011-02-08 00:18 | ハル便り

今月のワーク等の予定   2月5日 michiko  タンテボレ、アトリエ便り


「枇杷葉温圧の日」
  2月17日(木)pm1時〜4時まで
(ご都合のよい時間,最低1時間はとってください。初めての方は1時からいらしてください。)
月に一度のペースでおこなっています。
毎月 自由参加,要予約、(空きがあれば前日まで受けられます)


瀧ひかるの「元気になるワークショップ」
 2月25日(金)pm1時から4時まで
         タンテボレ2階(名古屋瑞穂区密柑山町1-36-9)
         参加費 6000円

        
何か元気が出ない、心が重い、日々の問題、不満や、わだかまりがたまっている
そんな方、心と体の癒しにいらしてください。
このワークショップは、そんな日々のたまった埃をお掃除して、また元気に明るく
日常をスタートする癒しと再生のワークショップです。
毎回様々な、内容をとりいれて,初めての方でも違和感なく参加できます。

月に1回のペースでおこなっています。
マッサージ、軽い体操等をいたしますので,動きやすい服装で。
昼食はあまり重くないことが、のぞましいです。

入会金不要、毎月 自由参加,要予約、(空きがあれば前日まで受けられます)

 
 地図など詳細はタンテボレ、アトリエ便り10月14日またはプロフィールをご覧下さい。
[PR]
by yasashii-kurashi | 2011-02-05 18:29 | タンテボレ.アトリエ便り

おもいがけず平賀敬美術館へ  2月5日             michiko

24日。寒行のため神奈川の道場へ向かいました。今回の一番の目的。
なんとumeちゃんが同じ方向に出かけるというので、時間を合わせて車に便乗させてもらいます。
出発は夜明け前,は、早いですね、眠いですね、暗いですね。
でも、方向音痴で、移動の苦手な私には、何ともありがたい。
b0190779_22465192.jpg

夜明けとともに富士山が見事な姿を見せてくれました。やっぱり、富士山は特別な山です。

小田原駅で降ろしてもらい、ここからなら電車で何駅もありません。
ところがトイレから戻ってみると「ただいま人身事故のためしばらく運転を見合わせます。」

小田原で時間をつぶすことにしました。



b0190779_22392899.jpg


小田原城址公園で古木ばかりに目がいき、しみじみ見ている
私に、地元の方が「この上にめったにない大きなマキの木があるよ。」
と声をかけてくれました。




イヌマキ20メートル,幹囲4、5メートル。

私は古木、巨樹に惹かれます。
b0190779_22483839.jpg

お堀端通りの画材屋さんにスケッチブックを買いに入り、名古屋出身だという
ご主人に「この近辺にいい、美術館か画廊はありませんか?』と聞くと
emoticon-0126-nerd.gif「電車に乗りますが、箱根湯本の平賀敬美術館に、是非お行きなさい。
建物も平賀夫人もすばらしい。温泉にも入れますよ。」と強く進めてくださる。
「電話してあげましょうか。」とまで。

いや、温泉まで入っている時間はないし、平賀敬も知らないし、でも惹かれます。
ま、行くしかないでしょう。たどり着けるかしら。

登山電車で箱根湯本駅まで気が抜ける程、近いのです。

b0190779_23542048.jpg
湯本橋を渡った、路地奥に,裏山と一体化したようにひっそりと佇む
趣のある平屋の御屋敷です。

b0190779_23541539.jpg








あー来てよかった。
国の登録有形文化財に指定されているようです。
b0190779_23194636.jpg





b0190779_074071.jpg
玄関の引き戸を開けると、こんな小さきものが出迎えてくれます。
水に沈む陶器の水中生物達。

「どうぞ』と出迎えてくださったのは、
ショートカットに粋な着物姿の
平賀さんの奥様。素敵です。

 はやくもここの世界観にはまり込んでしまった私です。




一目作品を見て「この人だったのか」以前に名古屋で観て頭にやきついていましたが
名を覚えていませんでした。

b0190779_15292479.jpg

     廊下を右折すると、石倉に通じています。中は展示室です。


b0190779_15273469.jpg

平賀敬のキョーレツな個性の作品です。 

b0190779_16111853.jpg
購入したTシャツの絵です。
emoticon-0136-giggle.gif「この子、チャーミングでしょ。Tシャツもおしゃれな型にしたの」
と楽しそうに幸夫人。
















左折すると、温泉が。
道場に電話すると「6時半しか駅に迎えにいけなくなってしまいました」
なんと、お風呂に入る時間もできました。


b0190779_14591582.jpg
箱根湯本でも2本しかない自然湧出の源泉から注がれるかけ流しの湯。
浴槽は総大理石。もちろん入れて頂きました。



柔らかなやさしいお湯。備え付けの陶器の枕で寝湯。極上!

b0190779_14591811.jpg











山のわき水をだしていただき、幸夫人とも女同士のお話ができました。チャーミングな方です。
彼女にお会いするためだけでも、また来たいものです。
b0190779_14584333.jpg


平賀敬美術館 http://www.hiraga-key-museum.com/
入館料/大人500円 温泉入浴1000円
tel 0460-85-8327 水、木曜休

b0190779_15164128.jpg

とっぷり暮れて、箱根湯本を後にします。

さあ、いざ寒行へ。
[PR]
by yasashii-kurashi | 2011-02-05 00:13 | 行ってきました