やさしい暮し舎

yasakura.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

よいお年を  12月31日  michiko    タンテボレ便り

後4時間ほどで今年が終わります。なんだか、あっという間の1年でした。
名古屋市はいろいろありましたし、個人的にはこのブログも始めましたしね。


      2011年1月前半のアトリエの予定です。

  1月6日(木)から営業です。
  12日(水)はお休みにさせていただきます。

  14日(金)瀧ひかるの「元気のでるワークショップ
   pm1時~4時(要予約) ¥6000
   アトリエ.タンテボレ2F
   2011年初回ですので軽いランチを用意します。瀧さんを囲んで会食してからワークを
   始めます。pm12時からいらしてください。
  (瀧さんのプロフィール、ワークの詳細は10月1日のブログをごらんください。)



b0190779_19492131.jpg
オーダーが納め終わって、新作もできてきて、正月の花を活け、ヂィスプレーします。
シルクモヘアのセーラー襟ロングジャケット。毛皮はシルバーフォックス。
中にアルパカ,カシミアのロングセーター。
パンツはシルクネップのはいったウール(写ってないですね)
シルバーグレーで揃えてみました。
13日ブログのバックもシルバーができてきました。


b0190779_19511859.jpg

 


ウエストはしぼることができて、前の打ち合わせに、一部サテンが張ってあります。
 



アトリエは28日で仕事おさめ&大掃除でした。でも、やはりすっきり終わらず今日までバタバタと...
オーダーがなんとか年内で納まったので、他のことは良しにしよっと。

東京に送ったバックは「ブログの写真よりよかった、軽いし素材もいいわ。うれしい。』
と喜んで頂きホッとしました。現物を見てもらっていないのは、手元に渡るまで、心配なんですよね。

最後の納品になった、カシミアのニットワンピースは、まだ幼児を持つ若いおかあさんの
オーダーでした。
長くおつきあいしていただいている70代の方に5年程前に作らせて頂いたのを見られて、
是非、同じ物が欲しいということで、ご紹介がありました。

若い方が、そんなに年齢が上の方の着てみえた物とお揃いで?珍しいパターンだな、
と思っていましたが、着ていらしたのをみて、とてもチャーミングで若々しく、おどろきました。
写真がないのが残念。

久しぶりに再会したニットは、毎日のように頻繁に着られているそうで、何度も洗って
編み目がつまり、とても温かだそうで、織り地のように見えます。
しっかりなじんで、着こなして「着手が服を育てた」と感じました。
できた時が一番とはかぎらないんですね。

オーダーされた若い方は体型もタイプも違い、まったく別の雰囲気。
シックでカッコいいという感じ、此れがまた、似合っちゃうんですねー。
作り甲斐があります。  よし!来年もがんばりますか。

    

     皆様にとって2011年が、よい年ですように。
[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-12-31 20:02 | タンテボレ.アトリエ便り

新人作家ご紹介   12月22日    michiko  タンテボレアトリエ便り

東京でグラフィックデザイナーをしていた姪がアトリエ.タンテボレの3階でアクセサリーを作っています。時折、ギコギコとイトノコやヤスリの音が聞こえてきます。
b0190779_13523690.jpg

彼女は以前アトリエのオリジナルTシャツに絵を提供してくれたことがあり、
色彩感覚も技術もグレードが高く好評でした。
今回は、私も好きな素材である真鍮のアクセサリーで、アトリエに新登場です。
独自な世界を持っています。

そこはかとクリスマスっぽい組み合わせで、
カシミアのアンサンブルによく会います。
不思議柄のスカートと。
b0190779_1611349.jpg
b0190779_13524817.jpg


10月の「NAGOYA DESIGN WEEK 2010」の期間中に、ナディアパーク.アトリウムで行われた
「メ~ブツ展」に参加した時の作品も、面白い物でした。
b0190779_13525815.jpg


「デザイナーが考える新しい名古屋の土産物』をテーマにした展示会でした。
b0190779_1353215.jpg

       「きしめんピアス」これはシルバーの鋳造です。
        展示には、お箸を使って演出をしていました。


こちらは名古屋城の金のしゃちほこをデザインしたかんざし。b0190779_1610563.jpg


糸ノコで削りだしています。
姉の結婚式の時につけていましたが、なかなか華やかで素敵でした。



b0190779_1353012.jpg



アトリエにはニットにも合う、大振りなブローチや遊びのあるイヤリング、ペンダントなどを作ってもらうつもりです。オーダーも受けていきます。

展示会のディスプレー台は、
家具作家 新美 清彦 作
[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-12-22 15:37 | タンテボレ.アトリエ便り

秋深し

夏にサトが引きちぎった黄色い首輪が出てきたの。皮が柔らかくて噛み心地いい〜
b0190779_1463940.jpg

かあたんが、急に戸を開けたんで、サトが注意がそれたすきに 首輪と〜った!
b0190779_1464377.jpg

キャハハッ〜油断したね〜
b0190779_1462318.jpg


なんかくわえてるわぁ(ハル母)
b0190779_1463328.jpg


サトなんか訴えてるねぇ鼻も顔もでかいねぇ君は(ハル母)
b0190779_146628.jpg

そーかそーかまたハルにしてやられたか(ハル母)
b0190779_1461339.jpg

ちょっとぉ 何あれは まるでハルがいじめたみたいじゃない ひどい!
b0190779_1464538.jpg


まあたしかにちょっと演技過剰だったのは認めるけどね。ハルも目つりあげて怒ることないわね(サト)まあ ここはあたいが大人になって……
b0190779_1454043.jpg

[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-12-19 02:04 | ハル便り

風呂敷バック   12月13日    michiko タンテボレ,アトリエ便り

この時期のニット屋はそれなりに忙しく、ブログもツイッターも滞りがちです。
寒くなりましたよね。12月ですから。
でもアトリエでは2ヶ月近く前に活けた四季咲きの桜が、いつまでも延々とつぼみをつけ
続けています。
b0190779_12353115.jpg

b0190779_12352236.jpg先日は、駐車場でカエルに出会いました。
冬眠はどうした?
カエルは11月くらいから4ヶ月以上
冬眠を続け、種類によっては、体が凍って
しまっても、春には解凍され
息をふきかえすというのです。
心臓まで止めることもできるそうです。

その仕組みが人間の内蔵移植のために
利用できないか研究されているとのこと。
人間の内蔵は解凍の時に細胞が破壊されて
しまうらしいのです。

b0190779_123583.jpg
しかし、生き物の
体内時計も狂いがち?








そんなこととは関係なく、アトリエには今バックがいろいろきています。
私が使ってみて、こんなバック待っていました、というものをご紹介します。
b0190779_12345474.jpg

      中に入った状態です。肩にかけた状態で、高さは持ち手から底まで約44㎝。
      底から口まで25cm  幅は一番突き出たところで55cmです。
      ¥19,000 中身が見えないように覆い布をつけたもの ¥19.800
いつもいろいろ入れて、バックがパンパンになる私。いえ、カエルは入れませんよ。
重いのは嫌だけど、小さいものでは収まりきれず、ところが大きいと入れた物が行方不明になって、
あせるとますます目的のものをみつけられないことも。
そう言いつつも服装に合ってないなと思いながら、大きさだけで使っていたりしました。
b0190779_12345075.jpg
            此れは勝手に風呂敷バックと呼んでいます。

マグネットボタンを外すと、まるで風呂敷を広げたように中のものが一目で見渡せるのです。

デザインはすっきり、たくさん入って、ごちゃごちゃにならない、軽くて、肩にかけられる
というわがままに応えてくれたものでした。

b0190779_1233359.jpg真ん中に財布、化粧ポーチ、メモ帳まで入る
ファスナー付きポケットがあり、
側面にもポケットが、ファスナー付き、
iPhonも入る携帯用、筆記用具、単小本も
入ってしまう物と3個あります。

本体は汚れが拭けるよう合皮、持ち手は本皮。
中の生地は麻。中身を見せたくない方のために覆い布をつけたものも作っています。

布製も欲しくて今、素材を探し中です。










b0190779_2031829.jpg
こんな感じで使います。まだ入ります。

手作りなのでお待ち頂かなくてはいけないのですが、これ、よくないですか?

色はいまのところ金、銀、黒、焦げ茶の4色からオーダーをうけてます。

連絡先 アトリエ タンテボレ 052(834)5655
 E-mailアドレス yasasiikurasi★me.com ★を@に替えてメールして下さい

[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-12-13 13:39 | タンテボレ.アトリエ便り

事故つづき  12月6日  michiko

先月,母が自宅前の路上で転倒して、顔面骨折、額も膝も何針か縫うという事故がありました。
ポケットに両手を入れたまま、飼い犬と張り合ってダッシュして、おもいっきり地面に
叩き付けられたそうです。

妹の悲鳴のような電話で何が起きたかも聞かず駆けつけ、血だまりの中、路上に横たわって震えている母を見た瞬間,心臓をギュとつかまれたような衝撃でした。

私が着いた時,救急車と電話で話している妹にかわって、バイクのライダーが
出血をしているキズ口をおさえていてくれました。

後で妹に聞いた話ですと、何台かの車が脇を通り抜けていく中、バイクに乗った男性が一人だけ
「どうしました!』と駆け寄ってくれ、本当に心強かったとのこと。
姉一家も駆けつけ、救急車も到着した時、帰られましたが,お名前も聞き忘れました。
本当にご親切にしていただいて、一言お礼をいいたいのでが... 
私も姉も一瞬バイクではねられたかと思ってしまって失礼してしまいました。

翌日の母は支離滅裂で認知症もひどくなってしまったか、とも心配したり、顔も倍に晴れ上がり、
しばらくはいろいろありましたがすばらしい回復力で、一週間で抜糸もでき、今はほぼ元の顔。


そんなことがあったのに、数日前こんどは私がそのすぐ近くで同じような時間に転倒し,
胸の骨にヒビがはいったようです。
情けないことに、手がでなかったということです。これはショック。
両親にできるだけ仕事が終わってから、枇杷葉温圧をしに行っているんですが、慣れない夜道
とってきた葉をもってサンダルで走ったんですよ。粗忽ものです。
運動不足は分かっていましたが、これでは母と違いがありません。

まあ、自然治癒を待ちますが、これが思いがけず不便。笑っても、
くしゃみしても痛い。一番痛いのは寝る時、起きる時。着替えも靴下を引き上げるのが痛い。
幸い我慢できない程ではないので、いつもと変わらない生活ですが、骨折だったら
さぞ痛いのでは、こんなことをする時にも,こんなところに力がかかっていたのかと...

そんな話をしていた時、友人が「不思議なんだけど、胸ってクッションがあるよね、
どうして骨より先に打たなかったのかな?」
えっそ、それはなぜかしら。 とにかく、日頃運動をしなくては、いけませんね、と思った次第です。
[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-12-06 20:23

イケメンの悩み?

なーんか気が進まなかったけど連れてこられちゃったんだよね(ケンタ)
遊ぼ 遊ぼ ハルといっぱい遊ぼ!(ハル)
b0190779_132679.jpg

う〜しつこいっ!(ケンタ)
  
b0190779_1326988.jpg


サトが焼きもち焼いてじゃまばっかり あっち行こうよ兄ちゃん(ハル)
あ〜リードくわえられちゃったよ まいったなあ(ケンタ)
b0190779_13261145.jpg


ちょっと待った! そうはさせないよ(サト)
b0190779_13261324.jpg


手出さない約束でしょ! (サト) 痛いっ!噛んだね。手ふんでるし!(ハル)
b0190779_13261532.jpg

こうなったら負けられない!!
b0190779_13261661.jpg


どうしてけんかになるの!?あんたたちは!(ハル母)
b0190779_13262844.jpg


つくずく俺って 罪作りな男だと悩んでしまうケンタ兄であった。
[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-12-06 13:46 | ハル便り

トックのピリ辛炒め     yoriko

前から気になっていた「トック」が売っているのを見つけました。以前韓国料理店で食べたトッポギに入っていた餅はもっと棒状だったけれど、形が違うだけなのか中身も違うのかは知りません。
「 韓国のお餅ですき焼きに入れるといいよ」とお店の人。 材料はうるち米だそうなのでトッポギと同じような味が、合いそうと作ってみました。
材料   トック 150g ニンニク少々  じゃがいも 2〜3個  人参  1/3本  ごま油 大さじ2  ピーマン 2こ(あるいはインゲン、チンゲンサイ等の青み)水カップ半分  
調味料 [コチジャン 大さじ2 酒 大さじ1.5  粉末スープ(チキンスープ、野菜スープ、和風だしでも)1袋  豆板醤 小さじ1/2 しょうゆ 大さじ2  みりん 大さじ3 ] 


  
b0190779_23105350.jpg

スープは我が家愛用の旬楽膳のPBの野菜ブイヨン これは酵母エキスも入っていません。植物性のスープ。18袋で1000円位。以前はオーサワのを使っていたけど、こちらの方が好きです。塩味もついていません。
b0190779_23111010.jpg


①まずトックを水につけておきます。30分。じゃがいも、人参、は半月切り。ピーマン(ここではインゲンでやりました)はたてに8つ位に切っておきます。 
b0190779_23111435.jpg



②トックを1〜2分ゆで、ざるにとっておきます。
b0190779_2311661.jpg


③フライパンにゴマ油をいれてニンニクのみじん切りを少々 火をつけて香りを出したところへ
じゃがいも、人参を入れよく炒める。その後、水を加え箸が通るまでゆでる。ピーマン、上記調味料すべてを加え、②のトックも入れ混ぜ合わせてざっと火を通す。仕上げに白ごまを散らす。
b0190779_2333563.jpg


予想通りピリ辛の甘辛味がモチモチの食感によく合います。
かなりおいしい!  レシピに書くと面倒そうですが 簡単で中華鍋一個でできます。
簡単な割に手間のかかったごちそうに見えます。

辛いのが苦手な人は 豆板醤を抜いて下さい。
外出予定がある場合はニンニクを抜いて下さい。 

結構適当でも おいしいですよ。

その後 調べてみたら トッポギはトックを使った韓国料理の名前だそうです。
 
[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-12-04 00:01 | 暮しのこと

酒かすに、はまる  yoriko

NHKの番組「ためしてガッテン」は、結構お役立ち情報を教えてくれるので、興味のあるテーマのときは見る様にしています。前回は「酒かす」。詳しくは番組HPに出ていますので是非。
http://cgi4.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20101124

かすと名がつきながら酵母もたっぷり含まれていることは、「むすひ」という日本酒の酒かす「にぎり酒」で
絶品のパンが焼けることから知っていましたが、アミノ酸もビタミンB2ビタミンB6も米よりたくさん含む
とは驚きです。
あとレジスタントプロティンという成分が大活躍で、米にも含まれるものだそうですがこれが酒かすでこそ実力発揮するのだそうです。まあ早く言えば油やコレステロールをつかんで体外に運び出してくれるというおりこうさんということです。

で、番組で紹介されていた酒かすクラッカーです。 にぎり酒に添えられていた簡単なレシピの中にもあったのですがおいしいわけないじゃないと思い込んで作ったことはなかったのですが、番組の中で試食した人が一様に「おいしい!」と大好評だったので、おまけに「チーズスティックでしょ」と言う人多数で まさかとおもいながらもつくってみました。

レシピはHPどうりで ポリ袋に入れて上から混ぜる方法でやってみました。無精者におすすめ。
両手でやって下さいね(カメラを右手に持っていたので片手ですが)
b0190779_9121612.jpg

袋のままめん棒で5ミリほどの厚さにのして

b0190779_9121917.jpg
切り分けてオーブンで15分から20分 カリッとするまで焼く
b0190779_912835.jpg
b0190779_91223.jpg

いや本当 チーズスティックです。  材料は薄力粉、酒かす、塩、水、オリーブオイルだけで
チーズ味?  番組では菜種油かオリーブオイルとされていましたがオリーブオイルがよりチーズっぽい
仕上がりに思います。やってみる価値ありです。

もう一つ番組での紹介レシピもついでに作ってみました。中華料理の隠し味に威力を発揮するという
酒かすチュウニャン。これも優れものです。
あっという間にできました。最近これまたはまっている琺瑯の容器に入れました。
家の保存容器を少しづつでも琺瑯かガラス製に変えていこうかと思っています。

かたわらにあるのが「にぎり酒」。我が家で酒かすと言えばこれですが、もちろん普通の板状のでいいです。この商品は旬楽膳で購入した物ですが、他店では売っているのを見た事がありません。
にぎり酒で作るとプチプチした食感が魅力です。200円〜300円位でした。
b0190779_9121240.jpg


 

  
[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-12-01 10:12 | 暮しのこと

花会    12月1日     michiko

花人「河村 敦子」の作品集「花心」が12月に出版されるのを記念して開かれた花会に行ってきました。
河村先生のご自宅で2日間だけの開催でした。
b0190779_111784.jpg

八事と塩釜の地下鉄駅から、そう遠くはない住宅街にありながら、以前はこのあたりも山林だったことを思い起こさせる、お屋敷です。

住居部分だけ山林を切り開き、あとはすべてそのまま残したのでしょうか。この環境に愛着をもって住まい、その精神ごと引き継がれてきたからこその,今ではなかなか得難い環境です。
b0190779_0585013.jpg
b0190779_1211473.jpg


この環境を十二分にいかした素晴らしい花会でした。残念なのは、写真が室内のものはきれいにとれなかったこと。iPoneでの限界か、私の腕が悪いのか..
b0190779_0584361.jpg

b0190779_191279.jpg

b0190779_1153156.jpg
b0190779_122984.jpg

b0190779_123462.jpg

普段活け花のお稽古をしている部屋です。空間をいっぱいに使った迫力が写真で伝わらないのが残念。

b0190779_147163.jpg

          階上からしなだれる柳は幻想的。

旬のお野菜も絵画のようb0190779_19311263.jpg



b0190779_0585880.jpg





2回のベランダから玄関を見下ろしたところ。見上げられることも意識して活けられた花が。
b0190779_137576.jpg

この部屋で、お抹茶をいただきました。ベランダに活けられた柿が野武士のよう、迫力です。
b0190779_1394119.jpg

夕暮れ時の西日が、いい効果を出していました。もちろん計算の上でしょう。

b0190779_0584842.jpg
ツリーにクリスマスオーナメントがない?
b0190779_218118.jpg

              此れはクリスマスに飾られる宿り木。
特等席に座ると5つの活け花がバランスよく、部屋全体でクリスマスのしつらえ。
知的な大人のクリスマス。
素敵な時間をいただきました。
[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-12-01 01:03 | 行ってきました