やさしい暮し舎

yasakura.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ふわふわ

かあたんハル、葉っぱキャッチできるの。欲しい?(ハル)
いっぱいあるからいらない。さっきまでどろんこ遊びして真っ黒だったのにやけにきれいね?(ハル母)
b0190779_9512266.jpg


葉っぱいらないの?これなら気に入ると思うよ。いいでしょ?
b0190779_9513391.jpg


これ何?どこから?(ハル母)
b0190779_1063729.jpg



ギャーッ!!! 干しておいた座布団がぁ〜
b0190779_9595243.jpg


怒ってる…… あやまっとこ(サト)
b0190779_1065937.jpg


かあたん怒ってるね これでご機嫌なおして…… (ハル)
そんな顔したってダメ!(ハル母) 
b0190779_9512765.jpg

[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-10-28 10:30 | ハル便り

作品と作者の間には..  10月26日    michiko   

25日までの「屋久島写真.ポスター展」6時までb0190779_2139831.jpg
やっていると聞いて5時過ぎに駆けつけましたが、もう片付けられていました。
『お見逃しなく」と言っておいて、自分が見逃しました。ガックシ。
でもカメラマンの内室氏にお会いできて、少し見せて頂きました。迷惑な話ですよね。
図にのって作品まで持たせて、iPhoneで撮らせて頂きました。
写真は屋久島の紅葉です。













b0190779_21244189.jpg

屋久島関連の本と彼のポストカードも購入できました。
アトリエに早速,展示。やはり内村氏のフィルターを通した屋久島です。小さな印刷されたカードなのだけど、伝わってくるものがあります。









アトリエでは複数の作家に小物を作って頂いていますが、やはり作った物からは、作者が透けて見える気がします。
b0190779_2275076.jpg

先日はM氏からオーダーされた革のバック(保田芳文作)が到着。

最初は奥様からすすめられ、もう何点目かのオーダー、
今回は少し待ちました。出来上がりの荷を開く時は、いつもわくわくとドキドキ。保田さんらしくも、御希望通りの作り。いつも期待をうらぎらないですね。私の持っている物とデザインはお揃いのはずなのに、ディティールが違うとずいぶん雰囲気が違います。









b0190779_21264668.jpg
展示会中で忙しい保田さん、走り書きで手紙が添えてありました。人柄がでてます、これも見せたいな。
奥様がいらして、バックをお渡ししましたが、手紙のコピーもほしいとのこと。だよね。
夜『気に入りました。』とご本人からお電話。ほっとして、うれしい瞬間です。
保田さんにも報告、「よかった」を共有できるのも一つの喜び。
[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-10-26 21:39 | タンテボレ.アトリエ便り

屋久島写真・ポスター展「屋久島・多様性の世界と保全の課題」はじまります

  
世界遺産「屋久島」と都市型里山「相生山緑地」から学ぶものの同時開催の
「屋久島写真・ポスター展」が本日23日始まります。
 
屋久島写真・ポスター展「屋久島・多様性の世界と保全の課題」

名古屋市天白区 徳林寺ギャラリー ハスタクティにて
10月23日(土)~10月25日(月)3日間だけです。お見逃しなく!
AM10時~PM5時頃(日暮れ頃まで)

充実した内容です。資料、書籍の販売もします。
カメラマン内室二郎氏、ご夫妻で屋久島から寝袋をしょって名古屋入りしました。会期中は会場に詰めているという屋久島の生物たちに深い愛情を持った内室氏の話も興味深く、屋久島に行ってみたいという気持ちになる写真展です。 
b0190779_21435562.jpg

[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-10-23 01:29 | お知らせ

10月『枇杷葉温圧の日」報告   10月21日  michiko

いよいよあと3日で,相生山にて『屋久島』と『相生山緑地」の恊働シンポジュームが開催されます。はるばる屋久島からそうそうたるメンバーがすでに名古屋入りしています。
ぜひぜひいらしてください。私は記録撮影係&雑用担当です。
このブログのカテゴリ『ちょっと言わせて』に詳細があります。

日時 10月24日(日) 午後6時ー9時  開場 午後5時30分 
場所 名古屋市天白区徳林寺本堂  参加費無料
基調講演 湯本貴和氏(総合地球環境学研究所教授)
湯本貴和 京都大学理学部卒、同大学院理学研究科植物学専攻博士課程修了、熱帯雨林や照葉樹林における動,植物の相互関係の研究に従事してきた。現在,130名あまりの研究者との共同プロジェクト「日本列島における人間ー自然相互関係の歴史的・文化的検討」のリーダーをつとめ、日本の半自然草原や里山の歴史、あるいは生物資源の持続的利用等の研究を行っている。

「お人まかせでない健康の話と枇杷葉温圧の指導』の報告 
  
さて報告が遅れましたが、16日の『枇杷温圧の日」(講師 濱田久美子)は充実したいい会
でした。とてもわかりやすく、すっと頭にも気持ちにも、入ってくるお話でした。最後に先生を
囲んで質問やお話もできました。

食べ物、運動、心が健康の3原則。濱田先生は、カルシウムを奪うなど特にさけたい物と知って
以来45年間白砂糖は摂っていないとのこと。
知っていても実行しなくては知らないのと同じこと、つい食べてしまう私とは大きな差です。

ダンスに本気で取り組んで、悪い想念は持たない、話されることすべて実行して実体験で80代半ばで出張もこなし、なんと去年よりさらに明晰になって話されるのは説得力があります。

個人的には枇杷葉温圧が、体だけではなく、頭も一緒に老化の先延ばしに役立つということに
ちょっと救いを得た想い。天然ぼけは治らないにしても、です。

お話の後は全員が先生に、実際に枇杷葉温圧をやっていただき,各々の質問もできました。
私まで、まぶたの上から目玉をやっていただいたのは、気持ちがよかったなー幸せ。

b0190779_1921658.jpg
今回はご夫婦が二組、最前列で
熱心に耳を傾けられ、積極的に
質問もされていました。
「奥様にしてもらうのではなく自分で治すという心構えが大事。』と先生。

3、4ヶ月前から奥様が出勤前、帰宅後と必死で枇杷葉温圧をされていた、当のご主人が、
お帰りになる時に「実は腫瘍が極端に小さくなって、医者も驚いていました。」と言われる。
これはやはりうれしいご報告です。後ほど奥様から電話で、
「あれからもう、自分でしてるの。」とのこと。2重にうれしい。

実家ではここのところ、母が今やりたくない、さっきやった、もう寝ると大変抵抗してやらせない。表面的には自分でもわかっていないけど,深いところで世話をかけたくない、迷惑かけたくないtと言う気持ちの現れのよう。結局お風呂だけ一緒に入って帰ってくるはめに。うーんしばらくやれていない。作戦を考えて、復活しようかな。
父は西洋医学を選んでいるのだけど時々は一緒にできるといいかな。でも、まず自分の老化先延ばし。

1時からの講習会でしたので、先生にはランチをアトリエで召し上がっていただきました。
出張最後の日なので、外食続きで胃腸もお疲れではないかと
おなかにやさしい「ほぼマクロビ食」を作りました。

催事の日は手をかける時間もありません。(いつものことですが)
シンプルというか、ま、粗食とも言えますが。
b0190779_1844997.jpg

今回は昆布だしに、すりおろしたかぶ、チリメンジャコ、海草類、エノキが入った玄米のおじやがメインです。トッピングにカボチャとかぶの葉。
調味料はなし。塩味が足りない場合は梅干しで。
左回りに「カリフラワーとキビのマッシュ」に豆腐マヨネーズ、庭のバジル、「蒸した紫大根とにんじんに豆腐マヨネーズのサラダ」。

「庭の梅の梅干しと小なすのぬかづけ」

旬楽膳の「大豆蛋白の唐揚げ」

「笹かまぼこに生わさびと焼きししとう」

「豆腐田楽、山椒の実入り白みそと、クルミごま入り赤味噌」赤味噌はみりんで甘み付け。

カリフラワーはキビと一緒に少量の水で炊き、しゃもじで混ぜるだけでモロモロとマッシュしたようになります。
豆腐マヨネーズは水切りした木綿豆腐、叔父作の米酢、自家製梅酢、自然塩、豆乳、
レモンをブレンダーにかけます。油は使いません。
冷蔵庫で1週間もつかな。

素材のキビ、紫大根、生わさび、小なす、笹かまぼこはたまたま頂いたもの。
あるもので制限時間内にというのが私の唯一の頭の体操。

濱田先生からは「全部美味しい」と言って頂きました。

b0190779_1874381.jpg
今回は人数も多くないので,朝、思いついて参加者の方にもおやつを用意しました。枇杷茶とほんの一口ずつのカボチャのお汁粉。

蒸し煮したカボチャに砂糖のかわりに甘酒と米あめで控えめに甘みをつけ、
餅とみりんと少しの米あめで甘みをつけた小豆をトッピング。
おなかのすく時間ですものね。

濱田先生,ご参加くださった方、ありがとうございました。
[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-10-21 23:11 | タンテボレ.アトリエ便り

土木工事

どろんこの庭で穴堀りっておもしろいよねぇ(ハル) ほどほどにしないとしかられるよぅ(サト)
b0190779_16202482.jpg



お客様だよ〜ムギちゃんが遊びにきたよ〜ハルー、サトー おいで〜(ハル母)
b0190779_16201427.jpg


ギャーッ!何 その顔! その足! 入っちゃダメ 閉めて閉めて!!
b0190779_16201920.jpg


b0190779_1620579.jpg

こりやすごいね 楽しかったろうねぇ(ムギ父)入れてあげられないね。ムギどうする?
私は……遊ばない…… (ムギ)ということで ごめんね〜うちのこ きれい好きなのね(ムギ父)
 
b0190779_1619532.jpg

ひどい!ムギだけ中でお茶して遊びたくないって!?
b0190779_16194334.jpg

ハルさぁ 結構すごいことになってるんだよ あたちは黒いから目立たないけどね。
程も知ってるし…… 
b0190779_16373059.jpg

こうなったらとことん汚してやる!!こうよ!
b0190779_1621344.jpg


絶対 中に入ってこないでいいから!(ハル母)
[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-10-19 16:56 | ハル便り

16日は枇杷温圧の日  10月14日    michiko

b0190779_035484.jpg
今、私たちの健康を脅かす状況が渦巻いていますね。
でも一人ずつ健康を損なう事情は異なり、どんな生活をして
きたのか、どんなものを食べてきたのかなど、自分自身が
一番知っているのではないかと思うのです。
健康を維持するにも、病を癒すのも、おひとまかせではなく、
自分を知り自らの自然治癒力を高めることが大切かと
思います。
今年も濱田久美子先生をアトリエにお呼びしました。
血液のお話を中心に、自分で健康を維持する生活の仕方、
食べ方などわかり易くお話してくださいます。
その後、家庭でできて効果の大きい枇杷葉温圧(枇杷の
葉ともぐさを使ったお灸)を実際に体験していただきながら
学びます。




お人まかせでない健康の話と枇杷葉温圧の指導


講師:  濱田久美子(『ビワの葉+温熱療法』の著者)

開催日時:10月16日(土) PM1時~4時
参加費: 500円
会場:  アトリエ.タンテボレ2階 名古屋市瑞穂区密柑山町1-36-9
     Tel•Fax 052-834-5655
     E-mail: yasassiikurasi@me.com

地下鉄名城線「総合リハビリセンター駅」下車 1番出口
b0190779_123918.jpg

(駐車場が限られておりますので、出来るだけ公共の乗り物でおいで下さい。)

※参加希望の方は、電話•FAX•メール等でご予約下さい。
当日でも空きがありましたら お受けすることが出来ます。
•お名前 •住所 電話番号•人数 •当日の交通手段 •メールアドレス をお伝え下さい。


b0190779_0345346.jpg

b0190779_0355777.jpg枇杷葉温圧には私たち家族も助けられてきました。
つらいときに自分でも出来ることがある、という
のは本当に救われます。

本格的に使いだしたのは母の膀胱ガンの時でした。
その頃、母の治療は、主に姉と私が担当しました。
ふっと思い出したのは、幼いころから病弱な私に
母がいろいろ試してくれましたが,どこで覚えてきたのか、おなかに灸をしてくれるようになり小学4年のころ体に芯が
通った気がして、それから少しずつ健康になっていったような記憶があります。
その灸を今度は私が母にする。不思議な縁です。奇しくも
濱田先生は母と同い年です。いつお会いしても、まだまだ
吸収させて頂くことの多い、パワーのある方。お話を聞くと「元気で長生き」できそうな気がしてきます。枇杷葉温圧は体のお手入れ、老化の先延ばしに使っていけるのが
一番です。
[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-10-14 00:30 | タンテボレ.アトリエ便り

世界遺産「屋久島」と都市型里山「相生山緑地」から学ぶもの

ーそれぞれの価値から保全と利用を考えるー
COP10(生物多様性条約第十回締結国会議)が、ここ名古屋で開催されています。
それに関連して各地の大小様々な自然保護に関わる団体、グループがブース展示を始めいろいろな活動をします。その中の一つ「屋久島生物多様性保全協議会」が、10月24日(日)に地元名古屋の当ブログの住人yorikoが事務局を努めています、「相生山緑地の会」と恊働で天白区徳林寺でシンポジュウムを行います。屋久島生物多様性保全協議会は、屋久島固有の絶滅危惧種の調査と保全を通じて、貴重な生態系を後世に残すべく多くの活動に取り組む環境NGOと行政機関による会です。
相生山緑地の会は名古屋という大都市に残された緑の島のような相生山緑地を自然と民家が共生する都市型里山として提案し、活動を行う任意団体です。それぞれ違う自然環境をもつ二つの地域ですが、それぞれ価値ある大切な自然です。COP10をきっかけに、地域に残された自然とどうかかわっていったら地域の真の豊かさを実感できるのかを考えてみたいと思います。
b0190779_14262692.jpg

日時 10月24日(日) 午後6時ー9時  開場 午後5時30分 
場所 名古屋市天白区徳林寺本堂  参加費無料
基調講演 湯本貴和氏(総合地球環境学研究所教授)
湯本貴和 京都大学理学部卒、同大学院理学研究科植物学専攻博士課程修了、熱帯雨林や照葉樹林における動,植物の相互関係の研究に従事してきた。現在,130名あまりの研究者との共同プロジェクト「日本列島における人間ー自然相互関係の歴史的・文化的検討」のリーダーをつとめ、日本の半自然草原や里山の歴史、あるいは生物資源の持続的利用等の研究を行っている。

同時開催  屋久島写真・ポスター展 「屋久島・多様性の世界と保全の課題」
      10月23日(土)ー25日(月)徳林寺ギャラリー ハスタクティにて
[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-10-12 16:29 | ちょっと言わせて

恐怖のドライアイス

なんだろう?白い煙がプクプクって ハルんちのねえたんがうれしそうに置いて行ったの 食べ物?
  
b0190779_1343287.jpg


なめてもおいしくはないし 煙はもくもくでてくるし、ちょっとハルも呼んでこよう!
b0190779_13515786.jpg


ちょっと もっとそばで確かめてみてよ  なんでそこから動かないの?
b0190779_1352167.jpg


あれっ?もしかして 怖いとか?  ほらだんだん煙 少なくなってきたよ。(サト)
こ、怖くなんかないったら!(ハル)
b0190779_13512894.jpg


今 やっつけにいくから! ハル 強いから!
ハルぅ もう煙出なくなったよ ただの水みたいだけど……それに方向違うし(サト)

b0190779_1351166.jpg

[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-10-06 14:08 | ハル便り

元気のでるワークショップ     10月1日     michiko

 雨の日が続きますね。一雨ごとに冷え込み、ページをめくるように冬に移行していきます。
ここ数年、いつまでも暑く秋をとばして冬の時期にようやく寒くなっていましたが、今年は、つじつまがあって秋を満喫できるかと思っていたのに、酷暑からいきなりの冷え込みでは心身共に対応できませーん。

 昨日も雨の中、アトリエの2階では「元気の出るワークショップ」が始まりました。
b0190779_23425219.jpg

このワークショップは「日々たまってしまった埃を掃除して、本来の自分に出会い、また元気に
明るくスタートする、自分の癒しと再生を目的とする」というものです。
指導は瀧ひかるさん(*プロフィール)
今後、月に1回開催する予定です。日時はこのブログ上でお知らせします。
ただ、10月は瀧さんの予定がつかないため、11月初めになります。
少人数制、女性限定です。

 最初はご要望による自然発生的な単発のワークショップでしたが、瀧さんの「変わる必要はなくて、本当の自分と出会うことで、とても楽に生きられるようになるの。車は、考えなくても運転できるようになるには、ある程度の回数と時間、練習の必要があるけど、それと同じで本当の自分に出会うには,何度もその存在に気づく必要があるのよね。」という言葉から、定期的なワークに発展しました。
「一人からでもいいから無理に集めないで。」という、瀧さんの言葉から知らせてほしい、と言ってみえた方だけにご連絡しました。今回の参加は私を入れて7名。ちょうどいい人数になっていました。

まず、初回を無事に終えました。私は自分自身をどう思っているのか、気付かされた時間でした。
それは、自分の胸に秘めて.. 次回からが愉しみです。

*瀧ひかる
2001年フロリダ州バーバラブレナン.スクール卒業
2008年ロイヤルアカデミーオブホメオパシー卒業
現在バーバラブレナン式ヒーリングセッション、ヒーリングアクセサリー等の活動中
セッションの希望者は後をたたず多忙ながら、自然体で瑞々しさを失いません。今でも絶えず新しい情報,知識の吸収、広い分野の勉強の場を海外まで広げ、忙しく走り回ってみえます。
/span>
b0190779_23504841.jpg終わってからのお茶の時間も愉しみ。
瀧さんの用意してくださった茶菓子「摘み草せんべい」は、本物の植物を貼付けてある、ほの甘いお菓子。「焼いているのに、どうしてこんなにきれいな色が残るの」「この花はなにかしら」と盛り上がります。
後で調べたら、ごめんなさい、ちゃんとしおりが入っていました。
季節の野山の草花で、秋は、つゆくさ、りんどう、よめな、のこんぎくなど を使用とあります。夏の、かわらなでしこ、あかつきめぐさ なども入っていたかも。無農薬国産小麦粉,きび砂糖、地どりたまご。

b0190779_23471331.jpg
参加者のIさんの差し入れ「ハートきなこ」はよく見たら、2センチ程の中に
一つずつ違うけど全部ゆるい顔の型押し。創業昭和2年、伝統の打菓子とあります。駄菓子ではなく打菓子。ウチガシと読みます。お菓子一つで勉強になります。合成保存料、着色料を使用していません。うーん、お二人ともこだわっています。
[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-10-01 20:08 | タンテボレ.アトリエ便り

ネットシスターズ

昨日は人生(犬生?)最悪の日。  あたいたちいきなり手術で女の子じゃなくなったの。
そりゃ怖かったわ  もう半日経っているけど麻酔のせいで にゃんだか足はふらつくわうまくしゃべれないわでどうなっちゃったの!?
b0190779_1244811.jpg

でも、傷口をなめないように着せられたネットが妙にお洒落ってみんなが言うのかーわいいねーって
b0190779_1245754.jpg


悔しいけど サトのほうが似合うの。だってハルは白いからネットが目立たない。
b0190779_125138.jpg


首の後ろのリボンも見せてよ。 うん すごくいい。
b0190779_1245252.jpg


全身 見せてよ。サト メロンみたいでかっこいいよ!! 
メロンってかっこいいの?(サト)
b0190779_136990.jpg

 
[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-10-01 01:40 | ハル便り