やさしい暮し舎

yasakura.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

秋の始まり、さなぎの受難 9月26日   michiko

b0190779_17461150.jpg
いきなりの秋ですね。
もう永遠の夏かと、気力も萎えていました。
アトリエの庭の植物もかなりダメージを受けていますが、
猛暑のなかでも惑わされず、着実に秋に向かって準備していたようです。

「暑さ寒さも彼岸まで」この言葉を今年程、実感したことはありません。

苔を強い日差しから守っていた、すだれの覆いも今日で外すことにしましょう。








虫達もそれぞれに準備を終えているようです。数日前にふと庭に目をやると、一部分だけ草むらが妙な動きをしています。


どうも風に揺らいでいるのではありません。近寄って揺れの中心にあるホトトギスの葉を裏返してみると、さなぎが前後に
精一杯の勢いで体を揺らしているではありませんか。全身運動です。以前にも、さなぎのこんな動きを目撃したことはありますが、この子はなかなか激しい。ちぎれて飛んでいってしまいそうです。
近くをアリが歩いていましたが、関係あるのかしら。刺激するといけないので、そっと離れました。
b0190779_19484091.jpg
今日庭に出るとあの子のついていた葉っぱが、落ちています。
すっかり枯れて落ちてしまったようです。
ただでさえ、色つやの悪い葉についたのに、あんなに揺らすから..
と言ったって仕方がありません。
拾って、えーっとどこか引っ掛けておくところは..
ちょうどいいものがありました。

b0190779_19111970.jpg
ここのところ、あの辺りを飛んでいたので,多分ルリタテハでしょう。黒にきれいなラインが入っているおしゃれな蝶です。

以前も一度,救助して室内で羽化しましたよ。なかなか外に、飛んでいかなくて手にとまらせて庭にでました。しばらく周りをひらひら舞って楽しませてくれました。

まさか君のお母さんじゃないでしょね。

胸の辺りにきらっと、ゴールドの光。ちゃんと羽化してね。あの揺れがなんだったのかちょっと心配だけど、待ちましょう。
[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-09-26 17:32 | タンテボレ.アトリエ便り

テクニック

ウッドデッキのすきまにはいろんなものが挟まっちゃう。ジャーキーもなんどか入り込んでやっかいなの これ、きっと前に落としたジャーキーよ!(ハル)  そう?におわないけどね(サト)
b0190779_1622272.jpg

なぁんだ これかぁ  まぎらわしい形よね
b0190779_1622639.jpg


あっ ハルの、かあたんがいる!たのんでみよっと(サト)
だめだめ もっとアピールしなきゃ さっきもらったばっかりなんだから(ハル)

b0190779_162210100.jpg


どうやるの?えっ目をうるませて!?ちょっと首かしげて  クゥーンとか鼻ならしちゃうって? お、おまかせします。(サト)
b0190779_1622134.jpg

[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-09-23 16:34 | ハル便り

COP10.MOP5の成功につながることを祈って 9月21日 michiko

b0190779_1834857.jpg

 19日の夜、白川公園に生物多様性を考えるイベント「キャンドルナイト、フェスタ」を見に行ってきました。
母と共に着いたのは20時を過ぎていました。
遠目には周囲の街の人工的な光に負け、往来している車にも気づかれないようなものでしたが、
現場に着くと、4万個のロウソクの光が、闇にゆらいで感動ものでした。瞬きが呼吸しているよう。
母が「来てよかった。」と、つぶやきました。こういう感性が衰えていないのが、うれしくて見せたいと思うのです。
b0190779_1834447.jpg

警備している若者に、「大変だったでしょう。」と声をかけました。
中心になって動いたのは7大学から2人ずつ14人。準備に半年かかり、竹を切りだすことから始め、加工をしたのは、延べ人員500人くらいではないかとのこと。途中で4万という数は無理ではないか、と思ったそうです。中心の14人が当日150人のボラティアを集め、1時間半かけて点灯したのだそうです。
途中で消えた火を黙々と、つけて回る者、賑やかに盛り上がる舞台からも一人遠くはなれ、
踏み込まれないよう見張りを続ける者。学生達の表情は真剣でした。
打算のない努力で支えられた手作りのイベントは、清い感動を生みますね。

b0190779_1834083.jpg
こういった若者の活動から、話題になって興味を持つ人が増え、関わった若者達も間近に
せまった「生物多様性条約締約国会議(COP10)/ カルタヘナ議定書締約国会議(Mop5)」のことに、ここを始まりとして関心を深めていけるといいですね。

「COP10の成功を願います」今盛んに言われています。どうなれば成功なんでしょうか。
生物多様性を守るための会議ですから、本来、そこで決定される内容が、将来に向けて本当に守っていけるものかどうかが重要です。
とはいっても、肝心な議会の内容、特にカルタヘナ議定書締約国会合(Mop5)のことは、不自然なほどマスコミにも取り上げられないですよね。

ネットでも内容について探すのは困難でした。一つ見つけたのは下記の記事です。



インド新聞http://indonews.jp/2008/05/post-404.html 
(ニューデリー発)05/24/2008
グリーンピースは「もし日本がこの重大な決定に関する協定を阻止し続けるのであれば、
別の開催国を探すべき」としている。
前回の会議では、法的拘束力のある規定を制定することに全ての国が基本同意に達したのは
収穫であったが、日本とブラジルの妨害により今後の話し合いがまとまらない場合もある」
と述べた。

他の国では日本で開催することに注目しているようです。

私は去年の10月「食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク(MOP5市民ネット)」主催の2010年生物多様性条約/カルタヘナ議定書締約国会議1年前記念集会に参加しました。
遺伝子組み換え作物の種が国境も越え、世界的に汚染が広がっていくのをとめることは、
2008年の会議がタイムミリットとも言われていたのだそうです。
講演をしたドイツの生物学者クリスティーネさんは
「日本政府が、アメリカを中心とした遺伝子組み換え作物の輸出国の代弁者のような立場をとり
合意を妨げていることが不思議でなりません。」
「名古屋が最後のチャンス。科学的結論が出るまでには何十年もかかり、その間に被害が拡大し
続けることがある。市民の力を結集して、遺伝子組み換え生物を規制していくものにしなければなりません」と熱く語られました。

1年前記念集会について詳細は、生活クラブ 生協 活動情報詳細をご覧下さい。http://www.seikatsuclub.coop/activity/20091104.html

あれから1年たっても,開催国の我々はほとんど誰も、事実を知らない。
まさか、日本政府は「アメリカに心証よくしておいた方が良さそう」なんて理由で、国民には知られないようにこっそりと、なんてことはないですよね。政府の方針が、誰にでもわかりやすくしてもらえるといいですね。
まずは、興味を持って、私たちは知りたい、そして結果を見守るぞ、という意思を示すことだけでも多くの市民が発信していけたらと思うのです。
b0190779_1833249.jpg

b0190779_185187.jpg
[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-09-21 19:06 | ちょっと言わせて

お誕生日

9月20日生まれの私たちは、一歳になりました。
タイミング良く、生後間もない頃に預かっていただいていた方から、幼い頃の私たちの画像を拝借できたので誕生日記念にお披露目しちゃいます。つぶらな瞳の真ん中がハル。左側がサト。
サトだってつぶらな瞳なんだけどお鼻が黒くて写真だとわからない! 
b0190779_032480.jpg

少し大きくなると顔が長くなってきたのね……
b0190779_031968.jpg

こんなに沢山の仲間と暮らしていたんだね。 皆幸せになっています様に 
b0190779_03268.jpg



こんな風に、野良犬を保護して、里親が見つかるまで預かるボランティアの方々がいます。
人間社会で野良犬が生き抜くのは大変困難です。どうか犬や猫を捨てないで下さい。
犬を飼いたい人は、一匹でもこの中から家族にしてくれませんか。逃げ回って恐ろしい思いをしてきた犬達は、ほとんどがとても臆病です。誰でもその気になればこの子達を幸せにする力があるのです。つい最近産まれたハルやサトの兄弟たちが、また保護されています。
親犬は賢くて捕まえられないので、子犬を保護するよりしかたがないとのことです。

サト,ハル ハッピーバースディ!! 出会えて良かったよ ちょっと喰い意地がはっているし、芸はできないし いっぱい靴をかじるし びびりだけど 血統書付きのワンコに可愛さではひけをとらないよ。



   写真提供  プーチーズ http://blog.pooches.jp/ ※ハルたちがお世話になっていた写真の所は、本業は緑区にある犬のしつけ教室です。旅行時の預かりにも対応できるシステムです。ゲージにいれっぱなしのドッグホテルと違って、犬達が楽しそうです。ハルは発育不良の子犬だったので、Oさんというもう一人の母がいて、哺乳瓶でミルクを飲ませてもらって育ちました、Oさんにもプーチーズさんにも支えられての命です。
[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-09-21 00:44 | ハル便り

明日19日竹林整備に参加しませんか    michiko

 明日19日9時から12時まで天白区相生山緑地で竹林の整備にいってきます。
毎月第3日曜日に緑地住民有志による相生山緑地創作隊が,身近な自然を市民で整備していこうと、他の雑木を駆逐してしまう竹の伐採からはじめたことです。
だれでも自由参加です。よろしかったらご一緒にいかがですか?
b0190779_19295545.jpg

小学生から80代の方まで幅広く、遠くからも参加しています。
私たちもほぼ毎回参加しています。昼でも暗い竹林に日が入るようになり、絶えそうになっていた貴重な植物も甦ってきているようです。私は毎回、専門家の方や、詳しい方の話が聞けるのも愉しみです。
自分のペースで、できることをすればいいのですが、つい,むきになってはりきりすぎます。
b0190779_19295887.jpg

休憩時間と最後にお茶の時間があって、地元の方がお菓子や冷えたお茶等を出してくれます。
この時間に参加者も顔をあわせます。竹細工の得意な方が、竹とんぼや小物を作ってきてくださって、私も頂きました。
b0190779_1923043.jpg

何回も参加して、本気で働いていた小学生のハナちゃんは、笛をもらって吹けるようになったことからプロの方に習いだしたそうです。きれいになった林の中で聞いてみたいものです。
最近では学生達の取り組み「環境7大学学生プロジェクト」のメンバーが生物多様性のイベントのために切った竹でキャンドルを4万個作ってキャンドルナイトフェスタ企画。それに使う竹を切りにと大学生の参加もありました。4万個というのは一年で地球上から消えていくと言われてる生物種の数とのこと。愕然とする数ですね。
そのイベントがこの19日の夜、栄の白川公園で開催されるのです。
なんだかドラマが生まれてきています。
[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-09-18 20:24 | 相生山緑地創作隊

どうなってるの?

ハルどこいっちゃったのかな?(サト)あたしんちのベランダにいるのはもしかして?
b0190779_10262158.jpg


サトのかあたんが帰ってきたから、ここにいるとおやつがもらえるし 遊んでもらえるもん。
何か? ちょっと待って サトのいるそこ!私の場所じゃない!!
b0190779_10245754.jpg


ちょっとぉそこあたしの特等席なんだから!!
b0190779_10244736.jpg


ここがハルの場所でぇ、でもサトんちのベランダも譲れないし、サトのそばにもいたいし
エーッとエーッと どうすればいいんだっけ???
b0190779_1025263.jpg

[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-09-15 21:14 | ハル便り

はと麦の玄穀を頂きました 9月14日  michiko

初めて、はと麦の玄穀を頂きました。
イネ科ジュズダマ属ということで、まさに子供の頃遊んだジュズ玉の姿です。
高千穂のもので、なんとりっぱな粒でしょう。愛用の小ぶりな焙烙で、ゆっくり煎ってみました。
ポリっとひとつ食べてみます。香ばしくクセのない味。
b0190779_18263557.jpg

よくさましたら瓶にいれて保存。100円ショップで買った長四角の瓶は、やはり
100ショップのケースに4個で収まります。それが自宅の食器棚に、4ケースずつ収まります。
b0190779_18235169.jpg

これはお茶のシリーズ。手前のは、ドクダミ少々とよもぎのミックス。次はスギナです。
全部アトリエの庭で,収穫。草取りといわれるものが、ここでは収穫と言われております。
次が相生山のクマザサ。ハトムギもここに収まります。これを飲んで、あっとおどろく美肌を
手に入れますか。ほーほほほ。一人でいただくわ。
あー種用をとっておくのを忘れて全部煎ってしまった。目先の美白にまどわされてしまった。
[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-09-14 14:58 | 暮しのこと

連絡口

これサトとハルの庭を隔てる塀に開いてる連絡口。
b0190779_23562678.jpg


サトんちへおやつをもらいに行ってみたけど誰もいなかったので、ハルんちに移動。
b0190779_2355961.jpg

あっ かあたんが出てきた! おやつかな?! (ハル)
b0190779_23554175.jpg


ハル 待ってよ! あせるわぁ(サト) 
b0190779_23554719.jpg


と こんな具合に好き勝手に行き来しています。サト側はどうなっているかというと‥‥
b0190779_2355015.jpg

あれ?かあたんなんでこっちにいるの?
[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-09-11 00:08 | ハル便り

ささやかな贅沢   9月7日       michiko

朝、玄米を炊きます。
釜は作家物の、陶器の羽釜。一度ふたが割れて焼いてもらいました、
ふただけ別に焼くのは、大きさをそろえるのがむずかしくて迷惑な
お願いだったと思います。

玄米は前夜に水につけてあったもの。
沸騰したらふたの穴を,枝の先を削って作った物で塞ぎ、弱火にして
NHKの「ゲゲゲの女房」が終わる頃、炊きあがるタイミング。
いいお焦げのにおいがふわりとしたら、炊きあがり。
b0190779_23434760.jpg

手前はおこげ、これが、おいしいのです。一人で食べちゃいます。
米はいろいろ買って試しますが、今日の玄米は初めてのもの。
慣れなくて、少し固めだったので水を加えてもう一度、炊きました。
玄米はこういったことができるのが、いい加減な私に向いてます。
蒸らしてから、おひつに移します。曲げわっぱのおひつは杉で漆が
かけてあります。熱いいうちに入れても余分な水分は出てべちゃっと
しませんし、冷めてきても固くなりにくいようです。30年使っています。
傷だらけですが、おひつに炊きたてのご飯を移している時は
ささやかながら、ちょっと贅沢をしている気持ちになります。
これに、漬け物だけでもしあわせ。日本人だ。
[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-09-07 23:53 | 暮しのこと

自立心  その2

前回からの続き  自立を決意した私 やっぱりサトはおいていけない 
b0190779_22473814.jpg

b0190779_22473377.jpg


私たちいつもいっしょだよね 離れてやっていけるの?
b0190779_22483535.jpg


だから ねっ  二人なら やっていけるって
b0190779_22532385.jpg


とは言ったものの おなかすいちゃった。  私 サト、養っていけるかしら 
b0190779_2248194.jpg


見つけた!ハル! また勝手なことして! (ハル母)
b0190779_22473035.jpg


[PR]
by yasashii-kurashi | 2010-09-04 23:02 | ハル便り